朗読劇『刀使ノ巫女 清夏奉燈』

TVアニメシリーズ後の彼女たちを描く、完全新作の物語!

あらすじ

タギツヒメとの死闘、『年の瀬の大災厄』が終結してから七ヶ月。
衛藤可奈美と十条姫和が隠世の深層から生還して三ヶ月と少し。
季節は夏。学生にとっては夏休みの時期である。

関東一帯では『年の瀬の大災厄』以降、荒魂の出現頻度が急増。
この事態に特別祭祀機動隊強化が急務となった
警察庁特別刀剣類管理局は、
折神紫体制時代に使用されなくなっていた、
伊豆諸島にある刀使訓練宿舎再稼働を決定した。

しかし、その島で荒魂が目撃された。
姿を眩ませた荒魂に対し、真庭本部長は調査任務を下達。
衛藤可奈美、十条姫和、柳瀬舞衣、糸見紗耶香、
益子 薫、古波蔵エレンの六名が派遣されることに。
久しぶりの再会に喜ぶ六名は調査任務に就くが、
舞衣にはさらに羽島学長から別任務も与えられていて―――。

これはとある夏休み、三日間の任務記録。

公演情報

【公演日】2021年11月6日(土)・7日(日)
【会 場】ところざわサクラタウン ジャパンパビリオン

キャスト

本渡 楓(衛藤可奈美役)、大西沙織(十条姫和役)、
和氣あず未(柳瀬舞衣役)、木野日菜(糸見沙耶香役)、
松田利冴(益子 薫役)、鈴木絵理(古波蔵エレン役)

他 予定

スタッフ

【原  作】 伍箇伝計画
【脚  本】 髙橋龍也 (TVアニメ『刀使ノ巫女』シリーズ構成・脚本)
【イラスト】 しずまよしのり (TVアニメ『刀使ノ巫女』キャラクター原案)
【主  催】 KADOKAWA

続報について

【公式Twitter】
●朗読劇「刀使ノ巫女」
アカウント:@toji_roudoku
作品タグ :#とじよみ

【TVアニメ公式Twitter】
●アニメ「刀使ノ巫女」「みにとじ」公式
アカウント:@tojinomiko

【TVアニメ公式サイト】
TVアニメ『刀使ノ巫女』公式サイト

スタッフコメント

朗読劇化決定に際し、メインスタッフからのコメントをご紹介します!

◆――――――――――――――――――◆
青木隆夫(Studio五組)
企画 (『刀使ノ巫女』プロデューサー)
◆――――――――――――――――――◆
『刀使ノ巫女』という濃密な時間は、今も続いています!
しかも朗読劇という新しい舞台で、皆様にお届けすることができます。
テレビ放送から3年を経た、2021年1月5日という刀使ノ巫女の記念日に、この発表ができてとても嬉しいです!!
さらに嬉しいことに、企画を頂いたキッカケはTVアニメ『刀使ノ巫女』をみた朗読劇のご担当様からのご提案でした。
朗読劇の企画をご説明いただくに当たり、TVアニメ『刀使ノ巫女』のご感想を、私に熱く語っていただきました……。
本当に、ありがたいことです。

我々、Studio五組はアニメ制作会社です。
アニメ制作会社の本分は、与えられた予算と期間を駆使して、仲間とともに映像という形でキャラクターたちのドラマを産み出すことです。
2クールという長編アニメはStudio五組にとっては未知の領域で、決して楽な道ではありませんでした。
とても険しい道のりでしたが、沢山の人に支えていただきました。
おかげで、最高の最終回を迎えることができたと私は思っています。
『刀使ノ巫女』はアニメ放送終了後の反響を、とても多くいただいた作品です。
お客様からのありがたい言葉を、SNSを通じてたくさん拝見しました。
その結果、今でも新しい『刀使ノ巫女』の世界を皆様にお届けできる機会を頂いています。
TVアニメ放送終了直後では、考えられなかったことばかりです。
アニメ制作会社としての本分を全うした結果、こんなにも嬉しいプレゼントを何度も何度も頂いております。
こんなに……こんなに嬉しいことはありません。

「朗読劇 刀使ノ巫女」は、私も制作のお手伝いをさせて頂いております。
少しでもお客様に楽しんでいただけるよう頑張ります。
そしてこの嬉しくて濃密な時間を、私自身も目一杯楽しませていただきます!

◆――――――――――――――――――◆
髙橋龍也
脚本 (『刀使ノ巫女』シリーズ構成)
◆――――――――――――――――――◆
『刀使ノ巫女』今度はなんと、朗読劇になります!
TVアニメに始まり、漫画、ゲーム、舞台劇、ミニアニメ、小説、ドラマCD、OVAと、様々なジャンルで展開中の『刀使ノ巫女』ですが、今回READPIA(リードピア)さん主催で、オリジナルの朗読劇になります。
朗読劇とは?そう思われる方も多いかと思います。詳しくは主催されている『READPIA(リードピア)』さんのページをご参照下さい。

新しい『刀使ノ巫女』が展開できて、とても嬉しいです。まずは『刀使ノ巫女』と作品に注目し、お声をかけて頂いたREADPIA(リードピア)さん、ありがとうございます。
そして、なによりも。
今回このような企画が立ち上がったのは、なんといっても(SNSなどで)『刀使ノ巫女』を絶えず応援して下さる方々の熱量のおかげであることは間違いありません。皆様、本当にありがとうございます!

TVアニメの最終回に、あるキャラクターが口にする「篝火も絶やすな」というセリフがあります。それになぞらえ、応援してくれる方々は、次の企画に繋がるべく、篝火を灯し続けて下さっています。そんな日々の応援、ひとりひとりの声が、企画に携わる偉い方の目に止まり、実際こうして新たな企画がスタートするのです。
まさに言葉通り、応援して下さる方々のお陰で、様々な企画が実現していってます。

今回の朗読劇ですが、ストーリーは完全なオリジナルです。時系列はアニメ本編後を予定しています。
詳細は随時明らかになっていくと思いますが、これと同時に公開されるしずまさんのキービジュアルでは皆、制服が夏服になっています。また、サブタイトルから雰囲気を想像してみるのも楽しいのではないでしょうか。
実際の公開日なども随時公開されていくと思いますので、各種インフォメーションのチェックもよろしくお願いします!

ま~だまだまだまだ止まんないから~♪ 『刀使ノ巫女』これからもよろしくお願いします!
篝火を絶やすな!

◆――――――――――――――――――◆
しずまよしのり
イラスト (『刀使ノ巫女』キャラクター原案)
◆――――――――――――――――――◆
『刀使ノ巫女』放送3周年の節目に「朗読劇 刀使ノ巫女」発表となりました。
朗読劇というステージで、シナリオはシリーズ構成の髙橋龍也さん書き下ろしで展開されます。
舞台上で可奈美達の掛け合いが観られると思うと今から楽しみです。
ヨロシクお願いします!

◆――――――――――――――――――◆
大喜多州統(KADOKAWA)
プロデューサー (朗読劇『刀使ノ巫女』)
◆――――――――――――――――――◆
『刀使ノ巫女』 朗読劇化企画進行中!

TVアニメ放送から3年。今なお作品を愛してくださるファンの皆さま。
送り出した作品を変わらず愛するスタッフ、キャスト、関係者の方々。
未だ冷めやらぬ「刀使愛」により、この企画はスタートラインに立ちます。

最終話から3ヶ月後、学生にとっては夏休みの7月。
可奈美たち6人の久しぶりの再会から、物語は始まります。
先が見えぬことも多い昨今ですが、本作も何かのカタチで
「刀使愛」溢れる皆さまの集う場となれば嬉しく思います。

まだしばらくお待たせしますが、朗読劇『刀使ノ巫女 清夏奉燈』をどうぞお楽しみに。
皆さまのご期待に応えられるよう、チーム一同全力で走ります!

『刀使ノ巫女』 まだまだまだまだ止まんないよ!

応援コメント

朗読劇化決定に際し、応援コメントを頂戴しました!

◆――――――――――――――――――◆
柿本広大
(『刀使ノ巫女』監督)
◆――――――――――――――――――◆
朗読劇・刀使ノ巫女。
刀使を応援してくださる気持ちがまた新たに形となります。
刀使ノ歴史に刻まれる一本を心から楽しみにしています。

◆――――――――――――――――――◆
信田ユウ
(『みにとじ』監督、『刀使ノ巫女』絵コンテ・演出)
◆――――――――――――――――――◆
「朗読劇・刀使ノ巫女 清夏奉燈」制作決定おめでとうございます!
2018年のTVシリーズのスタートから、ゲーム「刻みし一閃の燈火」、
2019年の「みにとじ」そして2020年のOVAと毎年リリースできてきた中での朗読劇、
物語と同じく脈々と「継いで」来たコンテンツであることにアツさを感じます。
また2021年にまた彼女たちと逢えることの喜びを同時に感じます。
この「継ぐ」はファンの皆様の熱や想いでできたものであり、
「刀使」というコンテンツを大事にしてくれたスタッフ、キャスト陣のおかげです。

「篝火」は皆様の胸の中にある。まだまだまだまだ絶えることはない。