READPIA朗読劇『風の聲 ~妖怪大戦争 外伝~』

イントロダクション

武蔵野の地で「共に生きる」。
荒俣宏監修で描く「妖怪と人間」、感動の物語。

物語の舞台は埼玉県・武蔵野。その土地に縁ある妖怪たちが作中には登場。
荒俣宏監修のもと妖怪と人間の共存を生きる、感動のストーリーを朗読劇でお届け!

あらすじ

2021年夏公開予定・映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』連動企画!

妖怪と人間は、共に生きる存在だった。
武蔵野の地に根付く妖怪・風ぼっこは人懐っこく、人間の子どもとも遊ぶような妖怪。
特に人間の子ども・英志とヒロとは親しい仲だった。

ある日、風ぼっこは英志とヒロに”妖石”と呼ばれる勾玉を渡してしまう。
しかし”妖石”は人間が手にして良いものではなかった。
この事態に怒る妖怪の頭領・大天狗は、風ぼっこを赦すことが出来ない。
生じた確執は様々な妖怪を巻き込みながら、やがて人間との衝突へと発展していく。

人間と妖怪、その運命は果たして―――

キャスト

  • 鈴木達央
  • 株元英彰
  • 七海ひろき
  • 山寺宏一
  • 水島 裕

関連情報

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』 2021年夏

【出演】寺田心 杉咲花 大沢たかお
【監督】三池崇史
【脚本】渡辺雄介
【音楽】遠藤浩二
【製作総指揮】荒俣宏、角川歴彦
【制作プロダクション】OLM
【配給】東宝、KADOKAWA

映画公式サイトはこちら

スタッフ

【スーパーバイザー】荒俣 宏

【朗読劇プロデュース】水島 裕
【脚本】高橋郁子
【演出】野坂 実

【制作】プロダクション・エース
【主催・企画】朗読劇『妖怪大戦争』製作委員会2021